滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

スポンサード リンク

滑舌(かつぜつ)のトレーニングをしよう!

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑



劇団四季メソッド「美しい日本語の話し方」 (文春新書 924)

滑舌トレーニングというと、よく演劇部とかがやっている『あ・え・い・う・え・お・あ・お』や『アメンボ赤いなあいうえお』などが有名です。

アナウンサーや劇団の方がよくやトレーニングで、唇の形を意識しながら発音し、慣れてきたらだんだんと早くしていきます。

滑舌トレーニングの基本は、発声練習です。

テレビで劇団四季の発声練習方法が紹介されていました。

麒麟の田村さんがチャレンジし、滑舌が良くなったという方法が“言葉を母音だけでいう”というものです。

例えば、「よろしくおねがいします」なら、「よ→お」「ろ→お」「し→い」とそれぞれを母音になおし、「おおいうおえあいいあう」といいます。

口を大きく開き、はっきりと発声しましょう。

その後、「よろしくお願いします」と話すと、滑舌がよくなっていることに気がつくはずです。この滑舌トレーニングは、数行いうだけでも、ほっぺたの筋肉が痛くなり、日頃いかに顔の筋肉を使わずに話しているかがよくわかります。

滑舌トレーニングは、1回2回だけでは効果がありませんが、毎日数分繰り返し行うことで、滑舌は良くなります。
 

詳細はこちら

↓↓↓

滑舌改善のヒントは楽天にあります

↑↑↑

関連ページ

スポンサード リンク